自分の商品を販売するときに欠かせない要素【STP分析を活用】

 

こんにちは。

”もと” (moto5channel)です!

 

今回の記事は

収益をあげるために必要なことに関してです。

 

 

ネットビジネスを使って稼ぐためには

ノウハウが必要ですよね。

 

 

多くの場合、このノウハウを探すと思うのですが

実際はそれだけじゃ稼げないんです!

 

じゃあ、どうすればいいのか??

それはマーケティングについて知っておく必要があるんです。

 

 

だから今回はマーケティング要素について

記事を更新していきますね!

 

 

 

市場分析

ざっくり言えば、自分が売っていきたい商品があって

その内容は市場と合っているのかを確認することです。

 

自分の商品のストロングポイントウィークポイント

理解してライバルとの差別化はどうなのか?などを検討します。

 

Twitterは?

Facebookは?

インスタは?

などといった感じです。

 

 

それによって

そのままで良い点、変えなきゃいけない点などが明確になってきますからね。

 

それをSTP分析といい

セグメンテーション、ターゲット、ポジショニング

この要素を洗い出してやるべきことの方向性を決めるんです!

 

 

市場の細分化 (セグメンテーション)

売りたいものがあって

その顧客における層を分類します。

 

地理的変数 (ジオグラフィック)

国、県、地方、文化、気候、都市の規模などの

地理的要因などによって市場や顧客を細分化する方法。

 

たとえば

『関東の美味しいケーキが食べれるお店』を紹介したブログ。

地理的変数は関東。

 

 

人口統計的変数 (デモグラフィック)

年齢、性別、職業、家族構成、学歴などの

人口統計的要因などによって市場や顧客を細分化する方法。

 

『関東の美味しいケーキが食べれるお店』を紹介したブログ。

人口統計的変数は20~30代のOL。

 

 

心理的変数 (サイコグラフィック)

価値観、性格、ライフスタイルなどの

心理的的要因などによって市場や顧客を細分化する方法。

 

『関東の美味しいケーキが食べれるお店』を紹介したブログ。

心理的変数は美味しいケーキが食べられる。

 

 

行動変数 (ビヘイビアル)

時間、曜日、頻度、知識などの

行動的的要因などによって市場や顧客を細分化する方法。

 

『関東の美味しいケーキが食べれるお店』を紹介したブログ。

行動変数はブログから取り寄せ、または現地に行く。

 

 

 

顧客の明確化 (ターゲティング)

狙うべきターゲット層を絞ることです。

こちらは5つの要素があるんです。(5Rのターゲット評価)

 

優先順位 (Rank)

顧客層の重要度に応じてランク付けしているかです。

 

『関東の美味しいケーキが食べれるお店』を紹介したブログ。

こちらの例を使うと

Rankはケーキが大好きな人。

 

 

現実的な規模 (Realistic)

市場で十分な売上高と利益を確保できるのかということですね。

 

『関東の美味しいケーキが食べれるお店』を紹介したブログ。

Realisticはブログで紹介すれば成果報酬とアドセンスからの収益確保が可能。

 

 

到達する可能性 (Reach)

顧客へ商品を確実に届けられるかということです。

 

『関東の美味しいケーキが食べれるお店』を紹介したブログ。

Reachはブログ記事により商品情報を届けられる。

 

 

反応の分析 (Response)

顧客の反応を分析することはできるかということです。

 

『関東の美味しいケーキが食べれるお店』を紹介したブログ。

Responseは商品リンクのクリック率やレビューがどんなものか。

 

 

競合との関係 (Rival)

他の競合はどんな感じなのかということです。

 

『関東の美味しいケーキが食べれるお店』を紹介したブログ。

Rivalは全国の美味しいケーキまとめブログがある。

ただ、関東に絞っているため関東在住の方には強い。

 

 

5Rすべての要素からターゲットを定めると

ケーキの好きな関東在住のOL。

購入レビューを気にする傾向があり、ネットショッピングも行う。

 

こんな感じでしょうか。

 

 

立ち位置の確認 (ポジショニング)

セグメンテーション、ターゲティングした内容を元に

ポジショニングして、競合との差別化をします。

 

特定の製品属性を活用

品質や材料、価格などのライバルと差別化できる要素。

 

例で使っている

『関東の美味しいケーキが食べれるお店』を紹介したブログ。なら

製品属性の要素は美味しいケーキの情報を無料で見ることが可能。

 

 

提供できる利益を活用

顧客のニーズに対して製品が満たすことのできる要素。

 

『関東の美味しいケーキが食べれるお店』を紹介したブログ。

提供できる利益は何が美味しくて人気なのかを知れる。

 

 

製品が使用される機会を活用

製品を使用する場面における要素。

 

『関東の美味しいケーキが食べれるお店』を紹介したブログ。

製品が使用される機会は通勤通学中に見れたり、甘いものを探しているとき。

 

 

競合との関係を活用

ライバルとの関係性における要素。

 

『関東の美味しいケーキが食べれるお店』を紹介したブログ。

競合との関係は関東という限定した地域での記事にしている。

 

 

競合との距離を活用

ライバルと重複しない要素。

 

『関東の美味しいケーキが食べれるお店』を紹介したブログ。

競合との距離はケーキが食べれるお店なので、ケーキ屋以外も対象な点。

 

 

製品の種類ごとに活用

種類やカテゴリーごとにポジショニングを検討できる要素。

 

『関東の美味しいケーキが食べれるお店』を紹介したブログ。

製品の種類はスイーツ情報やケーキの材料といったジャンルでも検討出来る。

 

 

これらの6つの要素を組み合わせると

より明確なライバルとの違いが見つけられてアピールポイントになるんです!

 

 

まとめ

自分の売りたいモノ(稼ぎたい商品)を

どうやってアピールして販売まで繋げるべきなのかを検討する必要があります。

 

ネットビジネスといっても、ビジネスですから

しっかりとマーケティングは考えないといけないんですね!

 

だから市場を分析してSTP分析を取り入れて

自分の扱う商品の現状を把握して、販売方法などを検討するんです。

 

これらを知ればライバルと差別化した戦略を立てやすくなりますよ!

 

 

 

では、今回はこちらで終了です。

 



 

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

☆会社員→フリーターだったぼくが

『アフィリエイト』の具体的な方法を

配信しています。

 

ブログSEOなし、YouTubeなしの

アフィリエイト方法をメルマガにて公開中!

⇒ 1から始めるアフィリエイト講座

0の状態から、アフィリエイトを行って

どうやって収益を出すのか??などをお伝えしてますよ!

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です