会社員のうちに出来る資産運用で、自分の資産をつくるべき。

 

こんばんは!

もし、これからネットビジネス

稼いでいくために脱サラしよう。

と思っているなら、ちょっと待った方が良いです。

 


いきなり会社を辞めて

ビジネスをやるのは勿体ないですよ。

 

ぼくは思い切りで脱サラしましたけど

いまでは少しだけ後悔しています。


それは何故か??


会社員であれば

銀行などからの融資が受けれるからです。


脱サラや起業するには

資金が必要となってきます。

 

いわゆる『開業資金』みたいなものですね。


会社員であるなら

500~1,000万円ほどの融資を受けながら

資産運用が実は出来るんです!

 

 

会社員のうちにやっておくべき資産運用

それは不動産投資です。

 

ぼくはこの資産形成について

不動産に詳しい経営者さんのもとで

教わっていて、会社員時代に知りたかった。

と率直に思いましたね。

 

なぜなら

年収で250〜400万円ほどなら

約3,000万円ほどの物件を持つことが出来ます。


会社員のうちなら

低い初期費用で可能なんです。

 

それは銀行や管理会社からの

信用があるからですね。

 

ぼくの様に脱サラしてからだと

不動産を持つのには物件の半分ほどの

頭金が必要になっちゃうんです。

 

仮オーナーになる

不動産を持てば仮オーナーという形になります。



仮に3,000万円の物件を25年のローンで組めば

月々の支払いは約10万円です。

3,000万÷25年÷12ヶ月=10万円


10万円はちょっと負担が大きい。

と感じるかもしれませんが

実際はそこに『家賃収入』が入ります。

 

仮にその物件(2LDK)の家賃が9万円であれば

実質負担額は1万円です。

10万(月々の支払い)−9万(家賃)=1万


かかる費用としては不動産に月々1万円なんです。



さらに、この時点で

『3,000万円の資産を持っている』ということになるんですね。

 

オーバーローンで開業資金も作れる

オーバーローンとは

物件の価格以上の融資を受けることです。

 

たとえば

3,000万円の物件を持つときに

3,500万円の融資を受けるみたいな感じです。

 

この差額の500万円を開業の資金として

利用することが出来たりするんです。



不動産を持つメリット

正直なところメリットはいくつもあります。

それをいまから書いていきますね。

 

不労所得を作れる

老後などに家賃収入(インカムゲイン)として

収入を作れるということです。

 

そしてもう一つが

売買益を得ることで得れる(キャピタルゲイン)

 

これらはいわゆる不労所得ということです。

 

ただ、専門知識を必要とするキャピタルゲインより

インカムゲインの方がハードルが低いので

家賃収入を軸とした方が良いですね。

価値のある資産を持つことになる

不動産投資は安定した価値があり

資産を得ていることになります。

・年収300万で3,000万の不動産を持ったら

3,000万円の資産を持っていることになるんです。

 

3,000万円の貯金をするより

3,000万円の投資用のローンを

完済する方が早かったりします。

 

理由としては家賃収入が入るため

その分の繰り上げ返済が可能だからですね。

 

大幅なローンを組める

上記で価値のある資産を

持っているという説明をしました。

 

そのため銀行などからの信用が上がるんです。

 

つまりカードローンだったり

車のローンの上限が広がるんです。

もし、なにか新たな事業を始めようとしたときに

必要な資金を作りことが可能になるんですね。

 

オーバーローンと合わせれば

1,000万円以上の資金を作ることも出来ます。

 

生命保険のかわりにもなる

万が一のことがあっても

子供や家族に残せたりします。

 

ローンを完済していれば

家賃収入はそのまま手元に残りますよね。

 

売却して大きなキャピタルゲインを

作ることも可能になるんです。

 

節税にも影響する

現金で持っているより

相続税の面でも節税対策になったりします。

 

現金だと額面上の計算になるのですが

不動産の場合、土地や建物を割引いて

計算されるため安くなるんです。

 

不動産を持つデメリット

もちろんメリットがあればデメリットもあります。

次はそれについて説明しますね!

 

空室リスク

物件を管理する会社もできるだけ

空室は避けているところではありますが

想定できる問題の1つではあるのかなって思います。

 

空室があると家賃収入が入ってきませんよね。

 

それでもサブリースというものを使えば

回避可能ではあります。

 

サブリースは月額費用に+αする事で

管理会社が建て替えてくれるシステムです。

 

それにより仮オーナーとしては

空室はあまり関係なくなってきますね。

 

災害リスク

特に日本は地震が多いくになので

こういった被害は想定されますよね。

 

他にも台風もそうです。

 

こちらの対策としては

費用が掛かりますが火災保険などに加入することで

もしものときに対しての回避は可能です。

 

金利のリスク

いまは超が付くほどの低金利の時代ですが

いつその金利が上がるかは分かりません。

 

その金利が変動することで

返済額が変わってきたりします。

 

なのでローンの借り入れ期間を短くしたり

何か別の収入源を作って繰り上げ返済

していくことがベストかな。って思いますね。




脱サラする前に不動産を持つのがベスト

大きな融資を受けられるのは

会社員であるうちの特権です。

 

今後、脱サラを考えているのなら

不動産投資をしてから脱サラする方が

メリットが大きいです。

 

数十年後先には『不労所得』という形で

家賃収入が得られるんですからね。

 

もちろんリスクヘッジをしながら

考えて行っていくのがベストですね。

 

加えてオーバーローンなどを使って

資金を作ればネットビジネスでの

広告費などにお金をかけて

個人で収益を作ることも可能です。



よく分からない商材やコンサルを受けて

クレジットを使うくらいなら、不動産による

資産を作ってから実践していくという選択

あるとぼくは思います。

 

会社員のだった頃に戻れらた

絶対にぼくは不動産を持ちますね!

 



 

【紹介制の不動産投資】

実は、ぼく自身

不動産投資の案件を扱っています。

 

『勤続3年以上の24歳~45歳の会社員で

CICがホワイトの平均年収300万以上の方』なら

 

*CICとは指定信用情報機関のことで

ホワイトとはクレジットカードの

滞納をしていないか。ということです。

 

 

毎月2名ですが

・サブリース付きの物件のみ紹介

・火災保険に無料加入

・契約費など含めた初期費用の約100万円を無料

この条件で限定紹介できます。

 

紹介制ならではのサービスです。

 

話だけを聞いてみたい。

とかでもOKですので、興味があれば

ぼくのTwitterに一度DMくださいね

ぼくのTwitterはこちら

 

 

 

↓こんな記事もおすすめ↓

急な出費にも対応できる便利なサービスです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です