20代が危惧すべき老後の資金について知るべきこと

こんにちは!

今回は必要な老後資金について

ぼくが学んだことをアウトプットしていきます。



最近、老後資金についての

ニュースが多いです。

実際、大きな問題を

先延ばしにしているのかな。って思いましたね。

ぼくと同じように平成生まれの人は

おそらく年金はもらえない世代です。

だから、今から老後に必要な資金を

逆算しておくことって必要だったりします。



こういったお金の知識って

絶対に知っておいて損はないと思いました。

だって学校とかで教わらないことですからね。

年金受給できるのはいつ?

まず、お金について

4つの知っておくべき情報があるんです。

・稼ぐ

・使う

・守る

・蓄える

これですね。

必要な老後の資金ってのは

蓄える部分になると思います!

いまのところ、年金を

受給できる年齢は65歳。

これは70歳に上がるとは思いますね。

年金っていくら

仮に65歳が定年で

85歳まで生きたとしたら

65〜85歳の20年間が

年金受給できる期間。

年金はサラリーマンの

年収の半分くらいです。

年収が400万円なら

1年間で200万円程度です。

この1年間でもらえる年金が

200万円×20年で4000万円くらいです。

因みに年金は月々で考えると

1年間200万÷12ヶ月

16.666万の支給になります。

まぁ、いまの20〜30代は

その受給すら出来ないとは思いますが…

老後はいくらあれば良い?

持ち家だったり病気の有無とかでも

多少は変わってきますけど

1人当たり月々20~30万円必要となってくる

と実は言われています。

ということは

1年(12ヶ月)で240~360万円必要です。

240万円×20年=4,800万円

差額の800万円は

最低でも用意するべきなんですね。

もし、その年金が0円だとしたら

いくら必要かってことです。

ニュースでは2,000万円必要とか

言ってましたが、ぼくらの世代は

実際はもっと必要なんです。

年金が0円なら

4,000万円の貯蓄はなきゃダメですからね。

いまから出来ることは選択を持つこと

大きく分けるなら2つかなって思います。

・個人で稼ぐこと

・何かに投資をすること

これらは『先を見据えて行動する』

という面で、これから必要になってくる気がしますね。

ネットビジネスの可能性

副業が解禁になりつつある今だから

ネットを使って個人で稼ぐという選択肢

あってもいいことだと感じてます。

ブログやメルマガ、Twitterなどの

SNSを通して収益を作ることは可能ですからね。

関連記事

アルバイトという選択肢もありますが

自分の身体に何かあった時

収入を確保できなくなることも考えられます。

ネットビジネスの様に媒体を構築すれば

自分が働かずとも媒体そのものが

収益を作りだしてくれます。

不労収入』とまではいきませんが

少ない時間や労力でお金を生み出すことは可能です。

なのでネットビジネスの選択肢は

いまのうちに持っておくべきかな。

という印象ですね。

長期的な資産運用

退職したあと

身体を休めながら余生を過ごすなら

やっぱり不動産投資かなと思います。

家賃収入や売買益により

老後の『不労収入』を形成することが可能ですからね。

ただ、そのためには

初期段階で大量の資金が必要。

それがないと不動産を持つことすら

出来ないからですね。

とは言いつつも

会社員の間なら、融資が受けられるので

実はチャンスなんですよ。

関連記事

ぼくの様になんとなく脱サラしてしまうと

融資を受けることが難しいんです。

早い段階で不動産を持てば

ローン自体も少額で完済ペースも早くなります。

繰り上げ返済』により素早く

ローンの完済も可能ってことです。

さらに生命保険の代わりや

節税対策にもなったりするんですよ。

仮に脱サラを考えているなら

まずは長期的な資産運用

選択肢に入れておくのもありです。

まずは情報収集から

老後にお金が

必要になってくることは避けられませんね。

多く貯蓄出来たり、定年以上

働くことが出来れば違ってくるかもしれませんが

現実問題なかなか難しいと思います。

だからこそ早め早めの情報収集を行って

取り入れることが出来るものがあるかを

知っておくことは必要だと思います。

何もせず

あとで後悔するのは勿体ないですよね。

小さなことでも良いので

日々のインプットを心掛けるのがベストだと思います。

↓こんな記事もおすすめ↓

いまの会社や仕事じゃなきゃダメだ。ってのがないなら

それに固執することはないと思います。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です