電子マネー『楽天Edy』を使わないのは勿体ない!?理由はポイントを貯めやすい。

 

こんばんは。

”もと” です!

 

ぼくは最近のキャッシュレス化の波に乗って

色々と試してます(笑)

 

自分の生活スタイルに合った使い方を

日々、試行錯誤してますね。

 

その中の1つでぼくが使っているのが

楽天Edy』です。

 

メインはLINEペイなんですけど

Edyもなかなか魅力的な要素があるんですよね~

 

なので今回は

めちゃくちゃ個人的にオススメ出来る部分を

書いてみたいと思います!

 

Edyって??

Edyとは現金の代わりに使うことが出来る

電子マネーの1つ。

 

基本的にキャッシュレス決済を

導入している店舗なら使える場合が多いですね。

 

買い物をして

お得にポイントを貯めるならEdyはありです!

関連記事

 

年会費は?

カード発行時の手数料はかかるものの

年会費はかかりません。

 

使える店も多く

ポイントがめちゃくちゃ付いたり還元率も良いので

初めてクレジットカードを持つ人にもオススメです。

 

使えるお店は?

Edyを使えるお店はたくさんあります。

楽天Edyが使える店舗を探す

 

主なところでいうと

・コンビニ(セブン、ファミマ、ローソンなど)

・ファミレス(ガスト、バーミヤンなど)

・飲食店(マック、ドミノピザなど)

・家電量販店(ビックカメラ、ヨドバシカメラなど)

・薬局(マツキヨ、ツルハドラッグ、ウェルシアなど)

・その他(Amazon、ブックオフ、ドン・キホーテなど)

おそらく日常生活するうえで

必要になってくるお店はだいたい使えますね。

 

ぼくはセブンイレブン、ファミマ

マクドナルドとウェルシア薬局あたりを

メインに使うのでありがたいところ。

 

edyの使い方は?

ぼくが使っている

楽天ポイントを貯めるためのEdyは

・現金チャージ

・ポイントチャージ

・クレジットカードチャージ

・楽天Edyアプリからチャージ

これらが可能です!

 

ぼくの場合、基本セブンイレブンのATMでチャージします。

カードを置いて入金してチャージするだけなので

レジに並ばなくて良いし、時間もかからないので楽ですね。

チャージしたらあとは

支払いの時に『Edyで!』と言って決済するだけ。

 

Edyのココが良い

楽天をメインに生活する人なら

Edyはかなり魅力的な媒体かと。

 

使える場所も多いので

持っていても良かったりしますよね。

 

ぼく的にはEdyを使うならではの

良さはこの2つです。

 

楽天スーパーポイントが貯まりやすい

楽天ポイントを貯めていくなら

やっぱりEdyでしょう。

 

Edyなら200円につき1ポイント

楽天ポイントが貯まります。

 

さらに加盟店なら

200円につき1ポイントです。

 

つまり、加盟店の1000円の買い物では

Edy決済(5ポイント)+加盟店(10ポイント)=15ポイント

結構すぐにポイントが貯まります。

 

マイルに交換できる

楽天Edyを使って貯めた

楽天ポイントをANAマイルに出来ます。

 

これは個人的に良いと感じるところ。

関連記事

 

還元率は50%なので良い方ではないですけど

使いどころがなければ交換するのはありです。

 

特にぼくはLINEペイがメインなので

Edyでちょろっと貯まった楽天ポイントは

すぐにマイルに変えちゃってます!

 

マイルを貯めていきたい人は

Edyをメインで使う方が良いかもですね。

 

ぼくが思うEdyを使う理由

個人的にEdyは一軍ではないですが

二軍としてあっても良いキャッシュレス媒体

 

良くあるのがLINEペイが使えないところで

Edyを使って楽天ポイントを貯める感じ。

 

あとは楽天で買い物したり

系列の店で買い物する際に

ポイントが貯まりやすいのはメリットですね。

 

ちなみにその貯めた楽天ポイントは

マクドナルドで使うのがメインです。

 

もっぱらマックをメインで使ってるけど

少し貯めてマイルに変えるのも最近ありだと感じましたね。

 

こんな感じでこれからも使い分けして

上手くキャッシュレス対応していきたいとは思ってます!

 

↓こんな記事もおすすめ↓

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です